求人について

求人広告を出した担当者が見る履歴書のポイント

履歴書はこれまで自分がどのような生き方をしてきたかが、簡潔にまとめられた書類です。どのような学校に通い、どのような仕事をしてきたかが、履歴書ひとつで分かってしまいます。そのため、たかが履歴書と侮ってはいけません。職歴にブランクがある人は、書類選考においては少々不利になります。仕方のないことですが、求人担当者としては、そのブランクがやはり気になってしまいます。運よく書類選考を通過出来たら、そのブランクについてネガティブにならないように話せる準備をしておきましょう。資格の欄が空白というのもあまり見栄えが良くありません。たとえ、求人されている職種に必要がなくても普通自動車免許だけでも記入できるものは記入しましょう。そしてどのような方法で履歴書を作成するかですが、手書きの場合は、とにかく見やすく記述することを最優先にします。悪筆で手書きに抵抗がある場合は、パソコンで作成してもいいでしょう。ただし、手書きの履歴書を求められている場合は、悪筆でも手書きにします。見やすく、ということは情報を詰め込み過ぎない、ということです。学歴と職歴の間は一行空けて、志望動機も100文字程度に収めるのがポイントです。

Copyright© 求人 All Rights Reserved.

求人広告を出した担当者が見る履歴書のポイント